出版業務のご案内

 

 出版なんて誰にでもできるんだ!

 「電子のガリ版」である電子本を使って個人でも簡単に出版できる時代が到来しました。「猫にだって出版できる」、「出版したい人の猫の手になりたい」…それが猫乃電子出版の考えです。
 あなたの作りたい本を私が作ります。電子書店への販売手続きも代行しますので、作品を電子書店で電子本を販売する事ができます。
 せっかくのあなたの創作物を眠らせておくことはありません。今すぐご相談下さい。「あなたの本」を世に出すチャンスです。また、既に書籍による出版を行っている方も新しい読者が開拓できるかも知れません、電子出版を平行して考えてみてはいかがでしょうか?

 「売れる?、売れない?」が出版基準ではありません。あなたが世に出したいか否かが出版する基準です。「どこかにいるかも知れない、あなたの作品の読者」に向けて電子出版に踏み切ってみませんか。猫乃電子出版は、あなたに代わって製本、販売支援を行います。

※電子本の製作については、まずご連絡ください。折り返しこちらよりご連絡させていただきます。

 

 どんな作品が出版可能なのか…

 猫乃電子出版は、あなたの書いたオリジナルな作品(小説、エッセイ、旅行記、自分史、俳句・川柳・和歌・詩集、専門書、写真集、漫画など)の出版が可能です。
 いずれも著作権がクリアされている事が条件です(著作権のある作品を盗作した場合についての責任は、出版希望者にあります。弊社は一切の責任を負いません)

 

 電子本の制作料金

金額は全て税抜価格です

1.非商業出版向け製本非商業出版向け製本での販売委託はご遠慮下さい

 ご自身のホームページの内容やメールマガジンの内容をまとめたい。または、コンテンツとして電子本を提供したい。個人向けの出版やアルバム製作など、非商業向けの電子本作品をご利用になりたい方向けの電子出版です。

 ○電子本の容量が「1MB」以下の場合 …10,000円(+消費税)
 ○電子本の容量が「1MB」以上の場合 …30,000円(+消費税)

 

2.商業出版向け製本

 ISBNの付いた本格的商業出版を低価格でご提供いたします。容量の基準は、フロッピー1枚に収まるか収まらないかと御考えください。
 商業作品向けの料金には、ISBN管理費、電子書店との対応(電子本のトラブルを含む)、新データ形式へのコンバート、イベントへの参加支援などを含みます。

  ○電子本の容量が「1MB」以下の場合 …30,000円(+消費税)
  ○電子本の容量が「1MB」以上の場合 …50,000円(+消費税)
   ※ 電子本は内部で圧縮されますので、入稿データの容量より小さくなる場合が多いです。

 

3.電子本形式のコンバート(エキスパンドブック→ttz)

 エキスパンドブックで作成した電子本データは、新しいOS環境になじまない部分がでてきています。そこでT-Timeのデータ形式(ttx)に変換することで、ドットブック、XMDF等の新しいデータ形式への準備ができます。

  ○非マルチメディア作品からの変換 …10,000円(+消費税)
  ○マルチメディア作品からの変換 …30,000円(+消費税)
  

4.電子本へのコンバート(書籍、手書き原稿→電子本)

 既存の出版物(または手書き原稿)から電子本を出版する際に、電子化、手入力などの前処理が必要な場合には、入力のための作業料をいただきます(入力のために他の作業が全て止まってしまいます。それゆえの措置ですので、ぜひ入稿は電子データでお願いいたします)。電子化料金は、通常の出版料に加えて請求させていただきます。

  ○10ページ以上の手入力(またはOCR作業)が必要な場合…50,000円(+消費税)

 

5.CD-Rの作成(原盤作成のみ)

 著者が希望される場合、CD-Rによる原盤を製作いたします。作成されるCD-Rはハイブリッド形式で、電子本、T-Timeのインストーラーを含みます。

  ○原盤制作費…1,000円(+消費税)

 

6.出版作品の修正(改訂版作成)価格 

 既に「校了(完成)」のご連絡を頂いた電子本を再修正(改訂版)する場合には手数料をいただきます。

  ○出版作品の再修正…10,000円(+消費税)
   ※ただし、修正範囲や状態(誤字修正等)によって割引いたします。お気軽にご相談ください。

 

 入稿するデータの形式について

 

 入稿テキストについて:   

  • テキスト形式(拡張子.txt)推奨
  • 作業では、MacOS(マッキントッシュ)を使用しています。ウィンドウズのみの文字やIME外字などにご注意ください。また半角カタカナや特殊記号(ローマ数字、一部の単位記号は可能です)は使えません(ただし外字作成で対応できる場合がありますので、御相談ください)。
  • 表組みは使えませんので、その場合画像による作成となります。
  • 数学表示などはある程度可能ですが、複雑なものは画像になる場合がございます(詳細は御相談ください)
  • 複雑なレイアウトはできません。代替レイアウトを御検討いただく場合がございます。
  • 文字単位で色付けすることは可能です。ルビ、傍点、下線(傍線)、反転の表現が可能です。
  • ワード、一太郎のデータについては受け入れ可能です。ただし「ワードヴュ−ア−」、「一太郎ヴュ−ア−」を使ってテキストを取り出しますので、レイアウト等が正確に読み取れない場合などがございます。また、原稿内に画像を張り込んでいる場合には、元の画像を別途添付してください。
  • 外字については作成可能です。外字がある場合にはお知らせいただければ作成いたします。

 

 ○入稿画像形式について:  

  • 画像形式は、pict、bmp、jpeg、gif(png)などの一般的な形式
  • 電子本の基本画面が横720×縦540ピクセルで作成されますので、その大きさを基準にしてください(大きい画像が縮小等の処理ができますが、小さい画像を拡大すると粗が目立ちます)。
  • フルカラー画像での入稿が可能です(もちろん白黒や256色階調でも構いません)。赤が多い画像ですと電子本内部で再圧縮が掛かるため画像に乱れがでるばあいがあります。
  • 解像度は、スクリーンと同じ解像度で結構です。600dpiなど高い解像度のデータは必要ありません。

 

 電子本の制作の流れ

[出版の申込]

 作者の方から、電子本の出版についてご連絡をいただいた後、案内を送らせていただきます。

[原稿の入稿]

 作品のデータを電子メール等で送ってください。容量が大きい場合には、分割して送っていただくか、送り先()までCDーROM等で郵送してください(電子データは圧縮していただけるとありがたいです)。原稿データが入稿された時点で、出版の契約が結ばれたと見做します(キャンセルはできません)
 また、ゲラ稿等の送り先住所、氏名、電話番号も一緒にお知らせください。

[電子本製本]

 電子本を編集・製本いたします。製本後、ゲラ稿を印刷して作者の方へ送付いたします。作品の誤字脱字等をこちらでもチェックいたしますが、基本は作者校正となります。製本された電子本も一緒に送りますので、画面でもご確認ください。

[ゲラ稿校正]

 こちらから送ったゲラ稿を元に作者が校正を掛けます。また、修正の指示や誤字脱字をゲラ稿上で修正して、当社に御送付ください。

[製本料支払]

 ゲラ稿と一緒に郵便振替用紙を同封させていただきます。お手数ですが、速やかに製本料のお支払いをお願いします。この時にお支払いいただいた製本料以外のお支払いはありません(お支払を確認できない場合、出版はできません)

[電子本修正]

 作者から、送られてきたゲラ稿を元に修正を行います。ゲラ稿以降の電子本の修正版のやり取りは電子メールを介して行います(電子メールが対応しない場合には郵送等で対応いたします)。作者が確認終了するまで繰り返し行います。

[校了、出版]

 作者より「修正がない(校了)」というお知らせをいただき次第、出版ということになります。販売申込書をお送りしますので、記入の上メールにてご返送ください。

[販 売]

「猫の本屋さん」、「理想書店」などのネット書店で販売を開始いたします。販売は状況により前後する場合がございます。

   ※送り先

〒953-0125 新潟市西蒲区和納6969-1 猫乃電子出版 まで

  

 電子本の販売について…

○猫の本屋さんによる販売

 猫の本屋さんでは、パスワード付きのZIPファイルと電子決済サービス(または郵便振替)を組み合わせた販売方法でダウンロード販売を行なっています。
 販売手数料として販売時に、売価の20%(最低額は100円)を徴集いたします。売上げの報告及び清算は、前年8月〜当年9月以降に売上げのあった作者さんにのみお知らせいたします(個別にお問い合わせをいただければ売上をお知らせいたします)。
※電子決済サービスは、状況によって利用できなくなる可能性がございますが可能な限り代替サービスを提供させていただきます。

 

○理想書店による販売

 大手出版社がネット書店で採用している「ドットブック」形式によるダウンロード販売を行ないます。銀行振込、クレジットカードなどでの購入が可能です。
 ドットブックへの変換は、こちらで行ないます。別途費用等はございません。
 販売手数料として販売時に、売価の35%を徴集いたします。売上の報告及び精算は、猫の本屋さんと合算して行ないます。

 

※販売に関する諸注意

 清算時には、手数料(振込手数料、イベント時の負担金)等の御負担を売上に応じてお願いすることがございます(売上金額が2千円以上のお客さまは誠に申し訳ありませんが、払い込み手数料を御負担いただきます)。

 お支払いにつきましては、報告書を発送後に準備ができ次第、順次行なわせていただきます。

 QA集…多くよせられたご質問について

Q:電子本の著作権は誰の物になりますか?
A:著者の方に著作権がございます。
 猫乃電子出版では編集権などを主張するつもりは全くありません。ですから、他の出版社での出版や絶版等、著者の方が自由に決めていただいて構いません。書籍出版の場合には、電子本とバッティングする可能性は低いですので、引き続き電子本の継続をお願いいたします。

Q:出版の契約書とかはないの?
A:基本的にはありません。
 電子書籍やネットワーク社会ではどんどん新技術が登場しており、契約の更新を待っている間にチャンスを逃す場合があります。また、個人出版社という性質上、契約更新が充分行き届かない場合も考えられますので、基本的に出版契約書は作成しておりません。ただし、著者の方から原稿のデータを受け取った時点で契約が結ばれたと看做し、確実に出版から販売までサポートさせていただきます。販売時の諸注意については販売申込書をご確認いただければ幸いです。また、どうしても契約書が欲しいという方については御相談ください。

Q:出版に掛かる日数は?
A:状況によってばらつきがあります。
 短い短編であれば一週間以内にゲラ稿を発送することが可能ですが、同じ作品でも編集が複雑な場合には時間が掛かります。また、画像などが大量に入っている場合には時間が掛かります。著者の方から原稿を受け取った際の他の作業状況にもよりますので、余裕をもって入稿していただければと思います。ですから「一週間以内に作って欲しい」等の要望には対応できにくい(可能な場合もあります)とお考え下さい。いずれにせよ著者の方へは最大限の努力でお届けしております。

Q:電子出版してみたいが、値段が高い
A:無料の出版形式もございます。
 個人出版社ですので、作者の方からいただく製本料が唯一の収入源です。ですから、最小限の価格と言うことで提供させていただいております。また、ISBNコードの取得、サイトの維持費なども総べて製本料で賄っておりますので、ご理解いただければと思います。
 電子本を試してみたい! という方向けに無料で出版できる(ただし無料公開)というポシブル堂書店という電子書店サイトも猫乃電子出版は運営しております。興味のある方は、ぜひご覧ください。

Q:本の値段ってどうやって決めたらいいの?
A:著者の方が自由に決めてください。
 値段が安いから売れるわけではありません。著者の方が自分の作品に対してどれくらい価値があるのかを計って値段を付けてください。ただし、低価格の場合には最低手数料100円がありますので100円以上の値段の本が望ましいです。また、理想書店さんではクレジットカード審査に掛かる諸費等でできれば500円以上の本が望ましいとのことですので、できればその辺を考慮していただけるとありがたいです。

 

 その他のお仕事

○「エキスパンドブック」や「T-Time」の製本について疑問な点をお答えします(無料)。
○勉強会などあれば講師もいたします(料金は別途相談)
○ホームページ、HTMLの製作もいたします。料金は別途相談。簡単なHTMLは1ページ当たり1,000円(+消費税)。どの程度の出来か…というのはこのWeb ページでご判断ください(笑)

 


【トップページへ戻る】