ポシブル堂書店タイトル


T-Time による電子本です

激動の半生

 

著者名:佐藤友松
圧 縮:なし  リンク:Digital Book for Writer and Citizen

 小国民といわれ、国を守る軍人になるべく教えられた少年時代、そして太平洋戦争下での兵隊としての生活、終戦後のシベリア抑留。作者が見聞き体験したことを、今書き留めて置かねばならぬ自己の激動の半生を綴った作品。

作品をダウンロードします

(上のボタンでttzをダウンロード。下のボタンでRomancer版を開きます。)

リンクのページを開きます

T-Time による電子本です

サラリーマン生活の打上、ベトナム駐在を楽しむ

 

著者名:竹岡友昭
圧 縮:なし  リンク:なし

 社会主義国でありながらドイモイ政策で経済に活気を見せるベトナムでの冷蔵庫工場の建設と生産、販売の仕事を定年間際の作者が引き受けることになった。「アオザイと微笑みの国」、ベトナムでベトナム人気質や政府の方針に振り回されながら精一杯海外での奮闘を記録した作品。

作品をダウンロードします

(上のボタンでttzをダウンロード。下のボタンでRomancer版を開きます。)

リンクのページを開きます

T-Time による電子本です

千尋寮回顧

 

著者名:前沢 功
圧 縮:なし  リンク:功のホッとルーム

 終戦間近の昭和20年、国民学校高等科を卒業した作者は、造船所に養成工して入社した。そこでの訓練と勉学の日々を綴った「千尋寮回顧」を含む「大畑青年団」「賃金合理化委員会」「乗り越し」の4作品を収録。一人の日本人の戦中、戦後の姿を描く作品です。作者のリンクページには、千尋寮回顧の後日談が掲載されています。

作品をダウンロードします

(上のボタンでttzをダウンロード。下のボタンでRomancer版を開きます。)

リンクのページを開きます

T-Time による電子本です

追憶の彼方へ−幼き日の思い出−

 

著者名:横川公彦
圧 縮:なし  リンク:横川公彦の歴史小説のページ

 彼岸の中日に故郷の墓に詣でた作者は、ふと家の跡を訪れてみた。草薮となった跡地をみて、子どものころの様々な思い出が沸き上がる。悪戯、終戦、そして母の死…。ポシブル堂に歴史小説を数多く発表されている横川さん自身の子どもの頃の経験を綴った物語です。

作品をダウンロードします

(上のボタンでttzをダウンロード。下のボタンでRomancer版を開きます。)

リンクのページを開きます

T-Time による電子本です

風来坊の親不孝物語

 

著者名:中村 巌
圧 縮:なし  リンク:Digital Book for Writer and Citizen

 戦後の貧しい時代の中、一生懸命大家族を支えてくれた母。事業が順調の中で副業の成功と失敗。そして自身の病気。第一章では現在に至るまでの自分史を記し、第二章では奥さんが亡くなるまでの介護記録を記しています。

作品をダウンロードします

(上のボタンでttzをダウンロード。下のボタンでRomancer版を開きます。)

リンクのページを開きます

T-Time による電子本です

マイ・ハイウェイ

 

著者名:右田研三
圧 縮:なし  リンク:右田研三のホームページ

 元道路公団職員がつづる様々な赴任地での思い出。何かと批判の多い道路公団だが、道路公団側の苦労を書き表したものは少ない。快適な高速道路の建設と維持のために汗する姿と、身内ならではの苦言、提言は高速道路を一度でも利用した事のある人なら必読です。

作品をダウンロードします

(上のボタンでttzをダウンロード。下のボタンでRomancer版を開きます。)

リンクのページを開きます

T-Time による電子本です

満州引き揚げ回想記

 

著者名:塚原キヨ子(塚原健次)
圧 縮:なし  リンク:ぼくでんのホームページ

 忘れてはいけない記憶がある。昭和20年8月15日は多くの人の運命を狂わせた。中国旅順で暮らす一家も終戦の混乱に翻弄されながら、故国へ帰るために必死で生き抜く生活があった。生活の全てを失い、子供を失い、いつ日本に帰られるか分からぬ日々。それでも日々を生き抜くために様々な素人商売も行った。
 平成20(2008)年4月に他界された塚原キヨ子さんの手記をもとに息子さんが作られたウェブサイトの作品を電子本化しました。

作品をダウンロードします

(上のボタンでttzをダウンロード。下のボタンでRomancer版を開きます。)

リンクのページを開きます

T-Time による電子本です

町のど真ん中の海の魚釣り

 

著者名:竹田光雄
圧 縮:なし  リンク:なし

 今年82歳になる父が昔の話を書いて寄越します。古臭いけど、ほのぼのした、懐かしい文章で、電子本にして、皆に読んでもらえたら、と思い、投稿させてもらいました。子供の頃の思い出、戦争で兵隊として出征し、台湾の地で終戦を迎えた話し、そして結婚生活…それぞれがつづられています。

作品をダウンロードします

(上のボタンでttzをダウンロード。下のボタンでRomancer版を開きます。)

リンクのページを開きます

T-Time による電子本です

夢はやっぱり“気ままな旅人”

  

 

著者名:菅原博華
圧 縮:なし  リンク:ヒロリンのMyweb!!

 重度の障碍を持つ作者の生い立ちから現在まで…自立への様々な障害やイベントへの参加、ボランティアとの関わり合い、そしてコンピュータを通じた人との関わり合いを綴った作品です。2001年インパク企画「自分史募集」参加作品

作品をダウンロードします

(上のボタンでttzをダウンロード。下のボタンでRomancer版を開きます。)

リンクのページを開きます

●作品のダウンロードと配布は自由ですが、それぞれの作品は著作権により保護されています。無断転載、無断引用は禁止されています。
●電子本は、それぞれの形式に対応したブラウザソフトが必要です。圧縮されている作品は圧縮形式に対応した展開用のソフトウェアが必要です。
データの損傷やリンク切れなどの問題を発見した方は、お手数ですが店長までお知らせください。


↑先頭へジャンプ